Since1983

Nash music library

自由自在に音楽を創るための仕組み
~音楽ライブラリだからできること

04

実際、アーティスト各々の個性やアイデアを活かしたクリエイティブな作品が際立っています。

音楽ライブラリとは、アーティストのレンジを大きく広げてくれるものなのです。音楽家によっては、そんな色んなことをしないほうがいい、と言う人もあるでしょう。私はそうは思いません。色んなことをやれば、それはそれなりに面白いものです。自分自身を 100 パーセント表現するための作業とは別に、色んな作品作りに挑戦してみること。私自身はそれをとても前向きに考えたいと思いました。もちろんそういう風に考えないことには、音楽ライブラリ自体を始めることができなかったわけですが ( 笑 )

自分のやりたい音楽があってそれが仕事になるのならそれでいいし、ならなければ仕事とは別にやればいい、というシンプルな考え方を持っているアーティストもいます。

私自身、会社を経営しているというより、音楽を創ることを自分の仕事と決め、それをひたすら実行しただけです。新しいスタッフには必ずこんな話をします。自分ができることで社会に貢献できることがあればそれが仕事になると。たとえ自分の得意分野とは違うジャンルの音楽の要望があった場合でも自分を切り替えて、技術力と知識を高め、実力を発揮することが大切である。いや、それがオモロイねん!と。そんな私の考え方に同調したり、理解してくれるアーティストが一人、二人と増えていき、現在に至ります。今のスタッフも、チーフプロデューサーを中心に、音楽ライブラリだからできること、その面白さについて非常によく理解してくれていると思います。

自分がやりたいことは見失わずに、なおかつ自分自身の音楽的な可能性を押し広げていく。
音楽を志す者、音楽で生きようとする人間にとって、
それはすごくチャレンジングなことだと思いますし、
彼らにとっても面白い仕事であってほしいな、と思います。

そのようなチャレンジの上に音楽ライブラリのレパートリーは充実してきたのですね。

創業当時の 1983 年、音楽がビッグビジネスだった時代―まだ今でもそうかもしれませんが―アーティストのメンタリティはヒット曲を作ることに向けられ、それが至上命題でもありました。曲を流行させることが追及しやすい目標として大きくありました。大きな会社、大きな組織力、大きな宣伝力、そういうものによって特定の曲を流行させていく。みんながそれを聴き、みんながそれを歌う。そういう営みを通して一つの曲が社会に力強く浸透していく。それが音楽の仕事でした。究極的とは言いませんが、一つの大きな目標でした。そんな時代に音楽ライブラリの発想は全然違う方向を向いていたわけです。

今日、音楽ライブラリは放送業界・映像業界への音楽供給パターンとなっており、多くのアーティストがその制作に関わっています。

当時は新しい発想でしたから、供給側のアーティストもドラスティックにメンタリティを変えないといけません。ナッシュミュージックライブラリーのスタッフになりたいというアーティストには、うちは音楽ライブラリの仕事だから、作品がヒットすることはありませんよ、と前もって説明します。どれだけ多くの人が使ってくれて、毎日どこかで流れたとしても、有名になって大儲けができるわけではありませんから。その点を了解できるかどうか。それがナッシュのスタッフとしてやっていけるアーティストと、そんな仕事はしたくない、と考えるアーティストの大きな分かれ目になっています。

ナッシュの仕事をやろうと言う人は、乱暴な言い方ですが、
もう音楽を創るのが好きでしょうがない、そんな人間かもしれません。
それ以外にくっ付いてくるものはあまりないですから。

既存の音楽ビジネスがもたらしたインセンティブを享受できるわけではない。

今のところは、とりあえず ( 笑 ) ですから、そんなものがなくても音楽を作るのか?と逆に問われるわけです。音楽ライブラリの作り手になるということは、今でいうアノニマス、つまり黒子になることです。放送業界・映像業界でどんどん自分の作品が使用され、巷に流れても、誰が作ったとか、そんなことは話題にもなりません。そんなライブラリの音楽だけをずっと作っていくこと。それを自分の音楽の仕事として選び取るか、選び取らないか、そこが大きな分かれ道になります。もちろん両方やってしまうアーティストも中にはいます。いずれにせよ、音楽制作という業態ではありますが、既存の音楽ビジネスとは根本的に違うものがありました。

今年、ナッシュミュージックライブラリーは創業 35 周年を迎えました

スタッフに言われて気づきましたが・・・おかげさまで今までやらせてもらっています。私は、音楽ライブラリの制作に従事するアーティスト、彼らの音楽への取り組み方自体は、一生懸命に音楽を作る、いい作品を作る、という意味では他の音楽制作と何ら変わるところはないと思います。それ以外の部分に関しては、既存の音楽ビジネスや音楽家のメンタリティとは全く違うものを作り上げてきたのだな、と最近思うようになってきました。ここにきて、私がやってきたこと、ナッシュミュージックライブラリーがやってきたことはこういうことなのか、と整理して思えるようになってきたところです。

Image

Nash Studio の理念Nash Music Library という音楽のあり方

この社会は音楽を必要としています。人は音楽に感動や癒し、喜びややすらぎあるいは聖なる神秘を求めています。それは人がそれぞれの人生に愛を求めるのに似ています。何故なのか、それはわかりません。ただわかっているのは、真摯に音楽を創ろうとする人間がいて、その作品を真摯に受け止めようとする人間がいるという事実です。

私たちは音楽を創っています。
それも自由に。
先人がつくりあげた様式に深く敬意を表したり、
ただただ音を楽しんだり、
あるいは未知の響きに挑戦したり、
古い文化としての音楽に取り組んだり、
自分自身の音を探求したり、
音そのものの効果を最大限考えたり、
もしくは自己に埋没して表現をつきつめようとしたり ....
私たちの自由な創造が Nash Music Library というかたちになっていきます

真摯に音楽を創る人間が自立して、真摯に音楽を受け止める人間とまみえることができる なら、それは古来より音楽と音楽家が求め続けて来たあり方です。
そして Nash Music Library はその「場」になろうとしています。
私たちは自由です。

株式会社ナッシュスタジオ
音楽制作顧問 梨木 良成